臨月間近で転勤、引っ越ししたまとめ

こんにちは。chisa(@chisaweb)です。

2018年10月に第2子を出産しました。

その時に、夫の転勤と引っ越しがかぶったので、どうしたのかをまとめました。

我が家の場合なので、ご参考になれば幸いです。

 

大変だったこと

出産も大仕事なのに、転勤・引っ越しも重なると悲惨です。

中でも大変だったことは、

  1. 出産する病院を変えなくてはいけなかった
  2. 上の子の保育園の手続き関連
  3. 引っ越しの準備と出産準備が重なった

この4点です。

出産する病院を変えなくてはいけなかった

当初の予定では、里帰り出産なしで出産する予定でした。

転勤が濃厚になった時、退院後に住む場所がなくなるかも、ということで、急遽里帰りに変更しました。

病院探しから、実家の負担、手続きなどちょっとバタバタしていました。

 

上の子の保育園の手続き

里帰り中、上の子をどうするか、で悩みました。

出産予定日は10月、転勤があるかもわからないけど里帰りにするので、丸々2ヶ月近くは保育園休園しないといけないのですが、その間、転勤が決まった場合、そのまま退園となってしまうことを懸念していました。

市役所にそのことを相談すると「市としては、1ヶ月登園がないと退園してもらうことになりますので、そのあたりは保育園と相談してください」と言われました。

自治体によっては、1ヶ月以上登園がないと退園しないといけないとか1日でも登園すれば大丈夫等あるので、要確認です。

ちなみに、私が通っていた保育園へ相談すると、「そのあたりは調整するから大丈夫」と言われたので、迷わず市役所や保育園へ相談することをお勧めします。

 

引っ越しの準備と出産準備が重なった

これが一番大変だったかもしれないです。

引っ越しに関する手続きと出産関連の手続きをまとめて、夫と共有していました。

荷造りは使っていないもの、使用頻度が低いものからどんどん段ボールに詰めていき、直前まで使うものは多忙な夫に任せて里帰りました。

(忘れ物はタッパー類全部です…痛い…)

 

特に、手続き関連は転居日、出産日で大きく変わってくるので、事前にまとめて、夫婦で共有しておくといざ必要になった時に慌てなくてすみます!

chisa

ほんとバタバタだったもんねー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です